それは、たくさん失敗することです。

 

人よりもたくさん失敗してください。

 

とんでもない量の失敗をして、毎回そこから学んでいれば、自ずと魅力的な男になります。

 

だって、みんな失敗を恐れて行動しない男ばかりですからね。

 

男ってちっちゃいもので、みんな女の子の前で恥をかきたくないものなんです。

 

でも、

「最初から失敗しないための方法を知りたい!」ってネットを徘徊したりとか、無駄に決まっているじゃないですか。

 

「女性経験は少ないけど、どうにかして女の子の前で恥をかかずにデートして、ホテルに行って、エッチがしたい!」とか、シェンロンに頼んでも無理な話だと思います。

 

恋愛で「最初から失敗しない方法」はないんです。

 

自動車学校に行って、

「車を運転したことはないけど、最初から事故らずに一般道をブンブン走る方法を知りたい!」って言ってるようなものですからね。

 

「いや、むりです」って断られるのがオチじゃないですか?

 

でも、こと恋愛となると、「失敗をしないで済む方法がある」と考えるのが人間です。

 

失敗なしで女の子とデートできる「秘密のノウハウ」があると思っています。

 

女の子にモテている男だけが知っている、なにか「女の子のツボ」のようなものがあると、どこかで思っている。

 

・・・まあ、そんなもん、現実にはないんですけどね。

 

今モテている男も、失敗から始まったんです。

 

死ぬほど痛い目にあうことから、始まっているんです。

 

今女の子をはべらせている男とか、そいつが持っているなんか女の子を魅了するオーラとか、失敗を重ねて作られたものですから。

 

今モテている男って、

中学とか高校で、女の子に告白して振られたようなやつらばかりじゃないですか?

 

はじめてエッチしようとして、そもそもち●こが勃たなかったり、前の穴と後ろの穴を間違えて場がしらけたり・・・とかフツーの話です。

 

今びしっとカッコつけて振舞っているやつも、昔はエッチしたさに女の子にへこへこしてやっとのこと・・・だったりしますよ。

 

モテない男ほど、学生時代はなかなか女の子にアプローチをせずに、

他の男子が、高嶺の花の女の子に振られて痛い目にあっているのを見て、「自分がアプローチせずにいてよかった」と思っていたりするんですが・・・ね。

 

逆に、モテる男ほど学生時代は、

喜ばれると思ってやったことで女の子にブチギレられたり、デートの約束は取れたけど男としては見られてなかったり、急にラインが返ってこなくなって「どうした?」みたいなメッセージを送ってみたり・・・

みたいな失敗をしている。

 

アホほど泥臭い失敗をくぐりぬけて、モテているだけなんです。

 

 

恋愛は失敗が命です。

 

失敗してきた数が、そのまま恋愛の戦闘力になります。

 

女心は失敗を重ねないと見えてきませんからね。

 

 

最初は失敗して当たり前じゃないですか。

 

やるか、やらないかの差でしかありません。

 

そんなに、失敗が怖いですか?

 

そんなに、失敗したくないですか?

 

僕自身は、一生童貞で、女の子から求められたこともなしに、人生を終えることほど怖いことはないですが・・・ね。

 

むなしくないですか?

 

その人生、そんなんでいいんですか?

 

今かく恥の1つや2つくらい、どうってことのない気がしませんか?

 

 

 

===

先の見えない、光の見えない人生へのアンチテーゼ。

『女性に求められない、その人生の苦しみからの解放。』

僕にとって、恋愛は「性欲を満たすもの」ではありませんでした。

相手は人間ですよ、生身の人間。

過去の僕は、複雑でどうしようもないリアルな女の子を、

「思い通りに動かそう」なんて、

そんなファンタジーのようなことを考えてました。

ハウメニー?どれくらいの代償がいる?

手放したくないもんはどれ?

貴方はなにが欲しいですか?なにを手放しますか?