割と、テキトーでいいんです。

 

肩ひじ張らずに、ラクにして。

 

ただ、気をつけるべきなのは、

温度感とか、ノリというようなものを、ちゃんと女の子に合わせること。

 

会話のテンポを壊しちゃいけないんです。

 

女の子以上の熱量を込めたり、逆に冷めすぎたメッセージを送っちゃいけない。

 

よく言われる指標に、

メッセージを送るときは、女の子の文字数にだいたい合わせる。

というのがありますが、これも

文字数が多いほど、気持ちが乗っかって伝わる。

→その熱量のズレが気持ち悪さになる。

からですね。

 

ノリが合ってないんです。

 

1人だけ盛り上がって、女の子の気持ちを置いていってしまう。

 

女の子は「自分の気持ちをムシされた」と感じてしまう。

 

だから、

「ああ、この人とはなんか合わないな」

ってなります。

 

ノリを合わせましょう。

 

テンポ感を合わせましょう。

 

すると、

肩ひじ張らずに、ラクにしてメッセージかできるようになりますよ。