どうも、遊助です。

 

童貞でも、「嫌われない」セックスをする方法ってあるんですよね。

 

もちろん、僕も童貞のときには気づきませんでしたが、

何十回も女の子と肌を重ねていくうちに、「あの時はこうすれば良かったんじゃないか」というのがわかってくるわけです。

 

女の子のナマの反応を数多く見ていくなかで、

「あれ、童貞の時の初セックスって、こうすれば良かったんじゃ・・・」なんて、思ってしまうわけですね。

実を言うと、僕の初セックスは後悔だらけです。

当時は一生懸命に考えて行動していたはずですが、

今思い返すと、もっと違うやり方があったんじゃないかと思ってしまいます。

 

初めてだったので、仕方のないことなんですが・・・

僕は初セックスでめちゃくちゃ挙動不審になって、女の子に「は!?」って顔をされたんですよね。

 

前戯はまあ、

キスして、おぱい触って、股を触って・・・みたいな手順は知っていたので、「それっぽいこと」は・・・できた。

(おぱい舐めながらクリをいじるとか、高等技術すぎてできませんでした笑

あれ、童貞でできる男いないです。2つを同時進行とか普通にムズい。)

 

でも、いざちこを挿れるとなると、全然勃たないんです。

 

へなへなで垂れ下がってました。

 

真っ裸な女の子を前にして、ピクリともしないんですわ。もう、焦りしかない。

 

焦った僕は、とりあえず女の子に舐めてもらうことに。

 

でも、舐めてもらったところで、緊張でチコなんて勃ちやしない。

 

もう必死で昨日見たAVを想像して、なんとか勃たせましたねw

 

でもね・・・

コの位置がわかったところで、挿入できるかは別問題。

 

ゴムをつけて、挿入しようとしたんですが、あれってマジで入らないんですよね。

 

位置は合っているはずなのに、押し付けるだけでなかなか中に入っていかない。

 

今思えば、

「角度」がわかってなかったからです。

 

入り口がわかっていても、「その先がどの角度に続いているか」に気をつけないと入っていかないんですね。

 

当時の僕はそれを知らずに、ひたすらマコにちこを押し付けていました。

 

女の子からしてみれば、「こいつ、何してやがるんだ?」ってかんじですよね。

 

ひたすらグリグリされて、痛かったはずです。

 

僕はその時、「早く挿れないと・・・!」とばかり考えていて、女の子の表情なんて見ていませんでした。

 

あかんやつですね。

 

自分本位になっている瞬間を、女の子は見逃さなかったと思います。

 

まあ・・・その後なんとか挿入はできて、エッチを終えることはできましたが・・・ね。

 

ダメでした。

 

終えた後に「なぜか」冷めた空気感になってしまって、

その女の子と会うことは、もう2度とありませんでした。

初めての緊張感とか、不慣れさとか、ぎこちなさがあっても、セックスを上手くいかせる方法があるんです。

すみません、「上手く」は言いすぎですね。

 

「嫌われない」くらいでしょうか。

 

少なくとも、女の子とのセックスを終えた後、関係が深まる、女の子からの好意が強くなるようなセックスの仕方があるんです。

僕の場合、上手くやろうとしたのが間違い。

スマートさを求めたのがダメだったんですよね。

 

女の子に「自分がよく思われること」を優先してしまった。

 

だから、女の子に何も聞かずに、初めての拙いセックスを押し付けてしまったんです。

 

上手くいくはずもないのにね。

解決策は、「女の子の声」にあります。

女の子に直接聞いてしまえばいいんです。

 

どこが気持ちいいかとか、今痛くはないかとか、

確かにスマートさはなくなりますが、聞くことで女の子に嫌われることはありません。

 

丁寧に、女の子のためのセックスをしようとしている姿勢が見えて、逆に高評価だったりするんですよ。

 

あのAV男優のしみけんさんも、AVのセックス中に女の子に小声で「痛くない?」「大丈夫?」と確認をしているらしいです。

女の子1人ごとに「痛いと感じる刺激の強さ」が違うので、

僕も毎回、女の子に「大丈夫?」と確認をとっています。

 

弱すぎると何も感じないし、強すぎると痛みになってしまうので・・・ね。

 

ちゃんと女の子の反応を拾うこと。

顔色を見てもわからなかったら、ちゃんと口頭で聞いてしまうこと。

 

この二つをおろそかにすると、

自分本位なセックスになりがちです。

 

終始、自分だけが気持ちいいセックスをしていて、女の子は苦痛だけだった・・・

なんてことが意図せずに起こってしまうんです。

 

そんなつもりがなくてもね。

具体的な話をしましょう。

たとえば、手マン。

 

AVなんかでは、女の子が激しい手マンにアンアン喘いでますが、

実際は痛いだけで膣を傷つけてしまっているだけ・・・というのはよく聞く話です。

(確かに、激しい手マンで気持ちよくさせられる手練れのAV男優もいます)

 

基本的に、AVにあるのは、男性本位のセックスです。

 

男目線で、男が1番興奮するシーンを「意図的に」切り取っているだけ。

 

逆に言えば、

AVには、男が興奮しないで、女の子が興奮するようなシーンは弾かれてしまっているんです。

 

これでは、男性が具体的なセックステクニックを学べる機会って、どこにもないですよね。

 

今、頭のなかにあるセックスの知識は、大丈夫ですか?

女の子に「痛い」と感じさせずに、快楽を与えられるだけの正しい知識がそろってますか?

 

たとえば、

女の子によって、膣の「位置」がまったく違います。

2回目のエッチの時なんですが、僕は間違えてお尻に挿れようとしてしまいました。

 

最初の子は膣とお尻の穴が離れていたんですが、

2回目の子は、膣とお尻の穴の間が1cmくらいしかなかったんです。

 

ほんのちょっと下にずれただけで尻の穴にかすってしまい、

「え、やだ、やめて!!」と怒られてしまいました。

(尻を狙う異常性癖者だと思われたでしょうねw)

 

その日から、目視で確認してからでないと、挿れるのを間違えてしまいそうで。。。

 

ちゃんと目で確認して、「あー、下についているタイプなんだな、気をつけないと」「あー、上についているタイプなんだな、よかった」とか考えてましたね。

 

今は確認しなくても、感覚だけで挿れることができるようになりましたが・・・

間違えて尻の穴にかすったりすると、大腸菌をつけたまま挿れることになるので、女の子が尿道炎になりやすかったりするんですよ。

 

なので、挿れる瞬間はかなり神経をつかってますw

 

そのくらい、女の子によって身体の作りに違いがあるということですね。

 

先にも書いた通り、

女の子によって「痛いと感じる刺激の強さ」は違うし、

どのくらいの刺激でキモチイイと感じるかも変わってくる。

 

なので、ちゃんと反応を見てあげる、聞いてあげる。

 

「大丈夫?」と一声かけてあげるだけで、女の子側の安心感も違いますしね。

 

できる限り自分本位なセックスにならないように、ゆっくりと丁寧に、反応を見ながらセックスをしてあげると、女の子に喜ばれます。

セックスはチームプレイです。

具体的に言えば、

 

女の子がキスしたいと思ってからキスをして、

女の子が乳首に触って欲しいと思ってから乳首を触って、

女の子がもう挿れて欲しくて堪らなくなってから・・・挿れる、ということ。

 

先に進むのは、女の子側の体制が整ってからです。

 

十分な関係ができた女の子であっても、

急にベットに押し倒してキスしても、ベロチューを始めても、苦い顔をされるだけですが、

女の子の体を引き寄せて顔を近づけて、目と目で見つめ合って、女の子のとろんとした目で「して」という合図があってから唇を奪うと・・・ね。

 

また違う展開がみえてくるわけです。

 

乳首も、最初から乳首にズズッと吸いついたところで、それが仲のいい女の子でも、苦笑いされるだけ。

じっくりとキスをして、とろけた顔のところに、おっぱいの乳首以外のところを刺激していくと、「舐めて」と懇願されるわけですね。

 

女の子の反応を見ながら、ゆっくりと進めていってください。

 

自分だけ先走ってもダメで、

女の子のペースを見ながら、リードしてあげる感じで進めると、喜ばれますね。

 

具体的な行動指針としては、

・ちゃんと女の子の反応を拾うこと。

・顔色を見てもわからなかったら、ちゃんと口頭で聞いてしまうこと。

 

確認を取りながら、じっくりと進めていけば大丈夫です。

 

セックスが上手くいくかどうかは「女の子がどう感じるか」がすべてなので、

その女の子に確認をしながら進めていけばいいんですね。

 

目の前に答えがあるんだから、直接答えを聞いてしまえばいい。

 

僕が初セックスですべきだった、唯一のことです。

 

 

 

===