恋愛では、幸せにはならない。

彼女を作っても、不幸なのは変わらない。

 

そもそも、生き方から変えなきゃ。

自分すら幸せにできないのに、どうして彼女を幸せにできるのか。

 

まずは、自分を幸せにすること。

自分の生活をすること。

 

それが第一目標になってきます。

そのために、他者評価を取り入れてみてください。

具体的には、

女の子からビシッと自分の欠点を指摘してもらうために、マッチングアプリを使う。

 

これが、僕が幸せになった方法でした。

 

今時、自分を否定してくれる人なんて、めったにいないです。

 

友達や会社の同僚、先輩といった日常のなかで関わりのある人から否定されるって、人生に関わりますからね。

 

弱みを見せないように、失敗しないように生きるのは当然だと思います。

 

でも、

マッチングアプリで出会った女性なら、

嫌われたり、否定されたり、「それはちょっと・・・」と思われても、

明日からの生活には何の関係もないんです。

 

関係が終わってしまえば、ケロッとしていればいい。

 

人の目の前でいくらでも失敗ができるのが、マッチングアプリなんですよね。

人は失敗を重ねることでしか、成長できないんです。

たとえば、

人って、1度も失敗せずに、自転車に乗れるようになりません。

 

自転車の乗り方の理論を頭に叩きこんでも、1発で乗れるようにならないでしょう。

 

また、

コミュニケーションの本を何冊も読めば、コミュニケーションが上手くなる・・・なんてこともないはずです。

 

たぶん、1冊丸暗記できても、

そのコミュニケーションって、コミュニケーションが上手い人のものとどこか違いますよね。

 

なんかぎこちないというか、マニュアル通りというか、

目の前の人を見ているようで見ていないというか・・・

みんながみんな、同じコミュニケーションで対処するっておかしいじゃないですか。

 

理論を学んでも、現実に適用する経験が足りていない。

 

実体験が明らかに足りていないんです。

人って、失敗することでしか、「現実に生きる知識」って学べないんですよね。

理論をいくら学んでも、現実に適用できなきゃ意味がない。

 

「現実に適用した経験」がどうしても必要となってくるんです。

 

でも、普通に生活していたら、失敗できる環境ってなかなかない。

 

失敗すれば、生活がおびやかされるし、周りの人に失望されたり、立場が悪くなってしまう。

 

・・・そんなんじゃ、誰も失敗できないじゃないですか。

逆に言えば、失敗できる環境さえ用意できれば、人っていくらでも成長できるんです。

そういう意味で、失敗できるって、幸せなことなんですよね。

 

そんな環境が今、あるんです。

 

マッチングアプリって、「赤の他人同士がマッチングする」アプリですが、

利用の仕方によっては、自己成長のための強力なツールになる。

 

なぜなら、

スマホひとつで、「コミュニケーションで失敗してもいい相手」が見つかってしまうツールだからです。

 

赤の他人とこんなに格安で、やり方次第では濃ゆく繋がれるツールってほかにないんですよね。

 

マッチングアプリを使って、

失敗して、失敗し続けてコミュニケーション能力を上げて、成功してしまえばいいんです。

 

相手は赤の他人なので、

女の子にこんなことを聞いてもキモがられないのかとか、どう対応すれば喜んでくれるのだろうとか、どんな言葉をかけてあげると好印象なのかとか、

考えられること、ぜんぶ試せるんですよ。

 

試して失敗して、失敗し続けて、成功すれば彼女ができてしまいます。

 

どうです、思ったより簡単じゃないですか?

 

人に喜んでもらえたり、幸せな気持ちにさせることができれば、

貴方自身が幸せになることなんて、簡単ですよね。

幸せかどうかの基本は、人間関係です。

貴方が幸せにすることができる人がいて、その人から幸せをちょっとだけ分けてもらえれば、十分じゃないですか。

 

幸せな人間関係って、そういうものです。

 

幸せになるためのツールとして、マッチングアプリを勧めています。

 

 

 

===

先の見えない、光の見えない人生へのアンチテーゼ。

『女性に求められない、その人生の苦しみからの解放。』

僕にとって、恋愛は「性欲を満たすもの」ではありませんでした。

相手は人間ですよ、生身の人間。

過去の僕は、複雑でどうしようもないリアルな女の子を、

「思い通りに動かそう」なんて、

そんなファンタジーのようなことを考えてました。

ハウメニー?どれくらいの代償がいる?

手放したくないもんはどれ?

貴方はなにが欲しいですか?なにを手放しますか?