まさか、女の子の前で学歴とか年収とかイケてる仕事の話とか、自分の「イイところ」をアピールしようだなんて、してないですよね?

 

女の子の前でクールぶっているやつ、多いです。

 

恥なんてかきたくない。失敗したくない。

 

かっこ悪いところは全部隠して、自分の良いところだけアピールしようとする男。

 

男は、めっちゃ楽しそうに自分の武勇伝とか喋っているんですけど、目の前の女の子は愛想笑いをしながら、ふとツマラナイって顔が出てしまう・・・なんてよくあります。

 

女の子って、その男がどれだけイイ男かなんて、興味ないんですよ。

特に、言葉の上ではね。

 

ここに気づいてない男性がいかに多いことか。

僕は、彼らのおかげで楽させてもらってます。

「自分がどれだけイイ男か」をたくさん伝えれば、女の子が「きゃー、ステキ!」って惚れてくれると考えている男性。

 

いやー、いいですね。

 

僕は、彼らのおかげてだいぶ楽させてもらってます。

 

ほんの少しだけですが、お礼を言いたいくらい。

 

話のツマラナイ「自己アピール男」が多いおかげで、僕らは珍しがられて、喜んで話を聞いてもらえて、じっくりと仲を深めることができてしまうんです。

 

たいしたことはしてないのにね。

ただ自慢話をしないだけで、女の子に言い寄られてしまう現実。

男の自慢話って、ウザイです。

 

はっきり言って、ウザイ。

 

女の子って、好きでもない男の「イイところ」なんて知りたくもないんですよ。

 

貴方だってそうでしょう?

 

電車で目の前に座っているちょっとだけ頭のハゲたおじさんが、どれだけ会社で偉い立場で、それまでにどのくらいの努力があって、どんな功績を残してきたのかなんて・・・1ミリも興味ないでしょ?

 

そんなことより、早く席に座りたいし、駅に着いてほしいわけです。

 

これが、女の子のホンネ。

 

目の前のおじさんが話しかけてきて、「いやー、私の若い頃はね・・・」って語り出したらどうしますか?

 

そのおじさんが、自分がどれだけ良い会社で働いていて(それも創業期から)、高い役職、高い給料をもらっていて、奥さんと娘さんを一生懸命に養っている・・・なんて、急に言われても・・・ね。

 

「は、はあ・・・」

 

ってかんじじゃないですか。

 

え、でも創業期から働いているってすごいことですよね!

奥さんと娘を男手ひとつで養うハートフルストーリー、感動しちゃいますよね!

 

・・・・・って、そんなこと、ドウデモイイ。

「で、だから、それって、私に何の関係があるの?」

男が女にする自慢話も、そんなかんじで受け取られてます。

 

「へー」

「そうなんだー」

「すごいねー」

 

笑。

 

話、流されているんですよ。

 

女は「つまんねー」というより、「自慢話キモ」って思ってることが多いですから。

 

言い方は悪いですが、

男がキモチイイ!って酔いしれて、女の子にオ●ニーしてるのを見てもらってるのと同じくらいの気持ち悪さがあります。

 

それが自慢話です。(それも、自覚せずにキモチイイ!って自慢話する男が多すぎます)

当然、自慢話しない男性の方が・・・女の子は好きですよ。

自慢話をはじめる男はキモいです。

 

反吐が出ます。

 

「私はそんなことのために貴方と喋っているわけじゃないんだけど?」って思ってます。

 

言わないだけで・・・ね。

 

だから、「自分のこと」を話さないだけで、女の子にとっては「話しやすい人」です。

 

女の子の話を「うんうん」聞いてあげて、「自分のこと」を話さなければ、「〇〇くんと話せて楽しかった!」って思ってもらえます。

 

自分の話なんて、おじさんになってからキャバクラのねえちゃんに喋ればいいでしょ?

 

「おじさん、自慢話できてキモチイイ!」って。

 

自慢話は、お金を払って話せばイイんです。

 

お金を払わずに「自分のこと」を話すなんて、どんな世間知らずでしょうか。

僕は、女の子の話を聞くだけで、惚れてもらうことができます。

すみません、ちょっと言い過ぎました。

 

少なくとも、

「まだ1度も会ったこともないのに、女の子が僕とのデートを確約してくれる」くらい、惚れてもらうことはできます。

 

マッチングアプリで女の子といくらかやりとりした後に、僕は電話する派なんですが、

 

僕が女の子の話を「うんうん」聞いているだけで、女の子が僕に興味津々に質問してくるようになって・・・

いつのまにか喜んでデートの日程を決め始めている・・・

 

なんてことが起こってしまう。

 

僕の仕事のこととか、学歴や年収の自慢、カッコよさげなエピソードなんて、

1度たりとも喋ってないのに・・・ね。

 

困ったなあ。女の子が知っている僕の情報なんて、ゼロに等しいのに。

 

僕の人生哲学も、住所も、学歴も、仕事内容も、好きなもの、嫌いなもの、最近あったこと、昔の武勇伝、今はまっていること、自慢したいこと・・・

女の子はみんな、知りません。

 

まあ、聞いてきたら教えるんですけどね。

 

自分からは、1ミリも喋らない。

 

だいたい、女の子の話を聞いてあげるだけで、電話で1時間は喋ってしまいます。

「遊助くんは、どうなの?」「遊助くんって、〇〇そう!」

女の子は興味を持ち出したら、もう止まりません。

 

質問がこれでもか、と飛んでくるんですよね。

 

ここで、ちゃんと答えてあげる。

 

それまでは僕自身の情報なんて、ゴミみたいなものですから。

 

会話の雑味なので、ごくごく最小限に。

 

女の子にとって興味のない話題=僕自身の話

ですからね。

 

女の子が興味のある話をふってあげる。

女の子自身の話題をふってあげる。

女の子自身のことを、もっと深掘りしてあげる。聞き出してあげる、良い質問役に徹してあげる。

 

踏み込んでみたり、ここは引いてみたりしながら、距離感を測りながら。

 

もっと深いところ、もっと「普通の人には話さない」ようなところを聞き出してあげる。

 

僕が一度電話してしまえば、

元彼の話、元彼との情事の話、仕事の悩み、中学生の時の初恋の話、初めての彼氏の話、最近したオナニーの話・・・

ぜーんぶ、恥ずかしそうにしながら、でも最後には嬉しそうに話してくれる。

 

女の子は何でも話してくれるし、楽しそうなのが声のトーンで伝わってきます。

 

そうしているうちに、女の子の声がトロンとしてきて・・・

僕の話なんて、ドウデモイイ。

気持ち的には、その子の『ナンバーワンキャバ嬢』です。

おじさんがそこに足を運んで、「イイ気分」になるように、

キャバ嬢の精神で、女の子を気持ちよくしてあげる。

 

僕の話なんて、ドウデモイイ。

 

1日の仕事の疲れを、僕と話すことで癒してもらう。

女の子に「話していてキモチイイ!」って感じてもらう。

 

完全に聞き役に回ってますね。

 

キャバ嬢って、自分の話なんてしないんです。

「ねえ、ねえちゃんって何カップなの?」って聞かれた時に、場を盛り上げるために「Dカップです♡」って答えるだけ。

 

自分の話は、女の子を持ち上げるため、笑わせるための起爆材料です。

 

♂「もう、俺、ファッション音痴やねんな」

♀「どゆことw」

♂「ファッションとか1ミリもわからんねん」

♀「ほんとに?」

♂「もうな、最近、服にも嫌われていて」

♀「うんw」

♂「また最近、靴下に穴空いてもうてな・・・絶対靴下にも嫌われとる」

♀「靴下ww」

♂「もうあとで、靴下サマーってあとで拝んどくわ」

♀「ww」

 

みたいな会話しかしていませんw(我ながらひどいw)

 

自分を卑下する、女の子を笑わせる話ばかり。

 

逆に、僕は自分の自慢話をするのは苦手ですね。

相手にメリットがないから、話すのが億劫になってしまう。

 

「遊助くんってどこの大学に行ってるの?」「どんな仕事をしているの?」

と聞かれた時にだけ、さらっと答えます。

 

当たり前の話です。

女の子との会話は、楽しければそれでいい。

自己アピールなんて、いりません。

 

女の子が楽しく、笑顔でいてくれればそれでいいんです。

 

まずは、女の子に興味のない話をするのをやめましょう。

 

これだけで、女の子の好感度はグッとあがります。

 

自慢話も、自分の話もすべて捨て去って、

とにかく女の子に気持ちよく喋ってもらうこと。

 

女の子自身の話を、深く掘り下げてあげたり、褒めてあげたり、興味を持って楽しそうに聞いてあげること。

 

やることは、キャバ嬢と一緒です。

 

女の子が

「この人と喋っていて、めっちゃ楽しいなw」

「なんか、普通は話すつもりもないことまで喋ってもうたわw」

って思ったら、

デートの約束なんて簡単に取り付けられるでしょ?

 

僕は、お金がもらえるくらいの話をしました。

 

 

 

===

先の見えない、光の見えない人生へのアンチテーゼ。

『女性に求められない、その人生の苦しみからの解放。』

僕にとって、恋愛は「性欲を満たすもの」ではありませんでした。

相手は人間ですよ、生身の人間。

過去の僕は、複雑でどうしようもないリアルな女の子を、

「思い通りに動かそう」なんて、

そんなファンタジーのようなことを考えてました。

ハウメニー?どれくらいの代償がいる?

手放したくないもんはどれ?

貴方はなにが欲しいですか?なにを手放しますか?