遊助が童貞をソープ嬢に捧げてから、早2年。

 

彼女(ソープ嬢)には、濃密なSEX講義をしていただきました。(お願いしたら快く了承してもらえました)

 

いまだに、女の子とベッドを共にするときは、「お願いします!」と心の内で叫んでしまいますね。

 

そのくらい、学んでばかりの・・・セックス。

今回は、その『実技』の集大成を文章にしてみました。

セックスって、まじで、ブラックボックスなんですよね。

 

よそのセックスは覗けない。

 

だから、僕のセックスは覗けるようにしてみました。

 

ううっ・・・恥ずかしい・・・(照)

 

笑。

 

僕も失敗することも多いですし、女の子を痛めてしまうこともあります。(300回以上セックスしても、これです)

 

女の子を満足させられなかった時の悔しさたるや・・・

 

ほんと、勉強することしかありませんね。

 

もう、学ぶことしかない。

 

なので、

今回は、セックスしている僕の思考まで、包み隠さず書き出してみました。

 

今後の参考になれば・・・幸いです。

セックスは「職人芸」です。

マッサージ師になった感覚です。

 

これが、僕のセックスに女の子が「キモチイイ」と病みつきになって、

セックスをじらすと血相を変えて怒り出す理由。

(「エッチしたい」というアピールが早い。笑 断った後、その子はいらいらイライラしてます。笑)

 

毎回、僕以上に女の子の性欲が強くて困っているくらいで。

 

そのくらい、キモチイイ、、らしい。

 

膣内を気持ちよくマッサージしていく感じ。

 

柔らかくなるように、ゆっくり、ゆっくり・・・小さな刺激から。

膣内を傷つけないようにほぐしていきます。

まずは、緊張をといていきましょう。

最初はカチコチに凝り固まっているので、「痛み」を感じやすいんですね。

 

まずは、膣内の緊張をほぐしていく。

 

「男根を受け入れる体制」を整えさせる。

 

心も、ピンと張り詰めていて固いかもしれないので、ねっとりとしたキスも忘れずに。

 

『もっと激しくして・・・!』と懇願されるくらい、焦らしながら、膣内の筋肉を柔らかくしていきましょう。

 

奥はまだ突かずに、ゆっくり、ゆっくりとほぐしていく。

 

まだ、始まったばかりですからね。

 

ゆっくりで大丈夫です。

 

暴発しないように耐えながら、「痛み」にならないように、緩急をつけながら、動かしていく。

 

「大丈夫?」「痛くない?」と声をかけながら、慎重に。

 

だんだん、女の子の腰の周りがジンワリと温かくなって、膣も柔らかくなっていきます。

 

女の子の額に、汗がにじんできましたね。

ねっとりとしたキスをしながら、入り口のところをゆっくり擦ってあげましょう。

まだまだ奥は突かずに。

 

奥を突くのは、懇願してきてからですよ。

 

膣内の粘り気が増してきたら、小刻みに動かしてあげて。

 

グチュグチュと音を立てて、膣内が収縮するのがわかると思います。

ここまでくれば、もう、女の子は「痛み」なんて感じません。

快楽があるだけです。

 

脚を腰に回して、力強く奥を突かせようとしてくるかもしれませんね。

 

「早く、(奥を)突いて・・・!」と懇願してきたら、ゆっくりと奥に押し込んであげましょう。

 

恥ずかしそうに目でねだってくる子なら、「突いてほしい?」と聞いてあげて。

 

嬉しそうに、「うん」とうなずいてくれるはずです。

 

奥を突いたら、ビクッビクッと痙攣しますが、気にせずに。

 

コンコンコンと、細かく、これでもかと突いてあげてください。

女の子はその快楽に、腰を震わせて喜んでくれます。

もし膣内がぎゅーっと収縮して、射精しそうになっても我慢して。

 

胸のてっぺんを、レロレロと舐めてあげてもいいですね。

 

舐めるたびに、キュッと膣内が締まるのがわかるはずです。

 

ねっとり乳首にキスしていると、女の子がよだれを垂らして見つめてくるので・・・

 

もっと腰を動かしてあげましょう。

「や、やめて・・・」と言われても、もっと激しく動いて大丈夫です。

もう、膣内のすべてが性感帯ですから。

 

たまらず脚を閉じて押し返そうとしてきますが、気にせずに。

 

『も、もうイってるから・・・お願い・・・!』と懇願かれても、突き続けます。

 

膣内はくちゅくちゅ音を立てて、吸い付くように動いてますから。

 

女の子の腰がずっと痙攣していても、おかまいなしです。

グッチョリと舌をからめた後は、そのまま、耳も、首筋も、鎖骨まで犯してしまいましょう。

女の子の耳をふさいで、口内のくちゅくちゅという音だけが響くように。

 

舌と舌がからまる音を聞かせながら、舌を犯してみてください。

 

舌が擦れるたびに、腰がビクッと反応するはずです。

 

そのあとは耳も、首筋も、鎖骨も・・・反応が楽しみですね。

セックスの基本は、「マッサージ」です。

ステップバイステップの精神というのでしょうか、

段階を大切に、女の子の反応をみながら、「刺激」を与えていく。

 

最初から強い刺激を与えちゃダメ。

弱い刺激から、少しずつ・・・が基本ですね。

 

それを具体的にいうと、さっきまでの「具体例」のようなかんじになります。

 

さっきの話は妄想ではなくて、

だいたい、いつもあんなかんじです。

 

当たり前ですけど、

実話なんですよ、あれ。

(経験豊富な男性方は、うんうん頷いていると思います)

 

僕も、初めてエッチした時は、女の子が1回いくかどうか、「その前に、で、出ちゃう・・・!」というかんじでしたが、

回数を重ねていくうちに長く持つようになりましたね。

 

「刺激の与え方」を工夫すると、自分は暴発する心配もなく、女の子に快楽を与えられるんです。

 

この微妙なさじ加減というか、段階の踏み方は・・・

ヒントは女の子の反応にあります。

 

段階を大切に、女の子の反応をみながら、「刺激」を与えていくんです。

 

今回は本番だけの解説でしたが、

もちろん、その前の前戯では、もっと注意深く、自分の男根を「気持ちよく受け入れてもらえる」ように接してます。

前戯から本番まで、一貫して「マッサージ師」の精神が大切です。

緊張をもみほぐすこと。

カラダとカラダの接触を通して、「自分を受け入れてもらう」体制になってもらうこと。

 

どんなキモチイイとされている「刺激」も、受け入れる体制が整っていないと、ダメなんですよね。

 

弾いてしまう。カラダが拒んでしまう。

 

女の子に「痛み」として受け取られてしまったら、終わりです。

 

なので、ちょっとMになってもらうかんじでしょうか。

 

自分に対して、Mな感覚で、受け入れてもらえるように。

 

じっくりと緊張をほぐして、オープンになってもらうことが大事です。

 

「キモチイイ」マッサージをする感じですね。

 

じっくりと、「痛くない?」と聞きながら。

「そこ、気持ちいい」と返ってきたところを重点的に刺激して。

やっているうちに、ジンワリと温かくなってきて、強い刺激を欲しがるようになって。

 

ちゃんと対話しながら、反応を見ながら、マッサージしていく。

 

セックスとマッサージは同じです。

 

ナマの女の子とセックスする時の「ひとつの方針」として、使ってみてくださいね。

 

 

 

===

先の見えない、光の見えない人生へのアンチテーゼ。

『女性に求められない、その人生の苦しみからの解放。』

僕にとって、恋愛は「性欲を満たすもの」ではありませんでした。

相手は人間ですよ、生身の人間。

過去の僕は、複雑でどうしようもないリアルな女の子を、

「思い通りに動かそう」なんて、

そんなファンタジーのようなことを考えてました。

ハウメニー?どれくらいの代償がいる?

手放したくないもんはどれ?

貴方はなにが欲しいですか?なにを手放しますか?