「モテる男」のドライブデートとは?

どうも、遊助です。

 

つい最近ですが、

ちょっとドライブデートに行ってきたんですね。

 

行きの車では雑談なんかしながら、

デート先でなんかいい雰囲気になって、

帰りの車でいちゃいちゃして、、

 

僕はそんなデートが多いです。

 

2人で密室の空間にいるからこそ、

急激に仲良くなるというのがあります。

 

カフェで待ち合わせてご対面〜

というデートもいいですが、

 

ドライブデートなら、

 

車で女の子と、

ただ2人だけの空間、、

 

外にいては話せない、

プライベートなことも、

ぽろっと聞き出せたりなんか

多々あります。

 

プライベートな話がしやすいのは、

ドライブデートの魅力の1つですね。

 

家族のこととか、仕事で悩んでいることとか、元彼の話とか・・・

女の子とドライブデートをしていると、

 

あなたにだけにしか話せない、、

 

でも、

他の人には聞かれたくない話

 

が否応なしに出てくるんですw

 

「必然的に2人だけの時間がつくれる」

これって、

かなりやばいことなんですよね。

 

女の子との距離が縮まれば、

あんなことやこんなことも、、笑

 

 

、、そんでそんで。

世の中、ここまでは分かっている男は多いんです。

 

ドライブデート、、

密室で2人っきり、ぐへへ、ウフフ・・・

 

みたいな。笑

 

鼻の下を伸ばして、

ドライブデートのお誘いをする男が

どれだけ多いことか。

 

ぶっちゃけ、

女の子もそれを十分に

わかっているものですが、笑

 

まあ、それは良いんです。

 

女の子と2人きりのデート

となれば、

男なら誰でも

考えてしまうことですから。

 

僕も、

 

デートコースの導線に、

ちゃっかりホテルを入れておくくらい

考えている男の1人ですし笑

 

 

でも、、

ドライブデートって、失敗する人は失敗するんですよね。

女の子との密室空間が約束された、

ドライブデート。

 

そんな、

美味しい、

美味しいデートを

取り付けられたのに、

 

終わってみれば、

女の子からの返信もない。。

 

なぜか、

女の子からの連絡が途絶えてしまう。

 

そんな男性が意外と多い。

 

本当は回避できる失敗なのに、

やらかしてしまうんです。

 

 

ほんまにもったいない。。

 

 

ああ、その失敗を

あらかじめ知っていれば、

回避できたのになあ。。

 

とつくづく思います。

 

 

そこで今回は、

ドライブデートでよくある失敗例と、その回避法

を紹介したいと思います。

 

 

ドライブデートのどこで

「失敗」

が生まれるのかを

あらかじめ知っておくことで、

 

あなたがドライブデートで

失敗する確率を減らそう

という魂胆です笑

 

 

ここを押さえておくだけで、

 

うんとドライブデートが

成功しやすくなる

 

失敗例だけを厳選してみました。

 

では、いきましょう!

1.まず、あなたのファッションは女の子に受け入れてもらえるものですか?

ファッションは、

女の子に「恋愛対象」として

みてもらうための最優先事項です。

 

ファッションを間違えると、

車に乗る前にアウト判定をくらう

ことになります。

 

ファッションの解決策はこちら

2秒で女性の反応を変える方法がある。それはファッションの基礎を学ぶことだ〜2秒で女性の反応を変えるための、ファッション基礎講座〜

 

上記記事では、

具体的なファッション例も紹介しています。

2.誘った時点で「脈なし判定」されてしまう、第一の試練

あなたのデートの誘い方、

間違っていませんか?

 

誘った時点で脈なし判定をされて、「ごめんなさい」だったり、デートをすっぽかされてしまうような、そんなダメな誘い方になっていませんか?

 

もしかして、

・デートスポット

・お金(おごってあげる額)

かなにかで、期待感を抱かせようだなんて・・・考えてないですよね?

 

・・・・・・。

 

女の子がデートの誘いに乗る理由って、貴方にしかないんです。

 

最高のデートプランを計画しなくても、女の子は喜んでデートに来てくれます。

 

その男性そのものに興味があるからですね。

 

どんな人間か、興味がある。

男性の頭のなか、そのキャラクターに興味津々で来てくれるわけです。

 

デートスポットはおまけなんですね。

大事なのは、イメージです。

デート前にどれだけ貴方自身に期待感を抱かせるか。

 

この人、どんな人なんだろうって、興味を引いて、

一緒にデートしたら楽しいだろうな、ってイメージさせて。

 

これが上手いのって、実は・・・

じゃがりこを買って思ったこと。「男性の9割はじゃがりこに負けている」

 

じゃがりこの販売戦略には、

イメージの力が使われています。

 

カリカリ、ザクザク。

 

しょっぱくて、すこし甘くて、カリカリ食べれてしまう。

 

食べる前から、美味しいのがわかってしまう。

 

これが最強なんですよね。

 

だって、女の子がデート前から、「デートが楽しい」のがわかってしまうんですよ。

 

誘ったら喜んでくるに決まってるじゃないですか。

 

イメージ。

イメージ。

イメージ。

 

女の子の頭の中に、楽しいデートのイメージを生み出してから、デートの提案をしてしまえばいい。

 

その具体的な戦略はこちら

じゃがりこを買って思ったこと。「男性の9割はじゃがりこに負けている」

 

じゃがりこには、選ばれ続けている理由があるんです。

(答えは、わかりますよね?)

3.ドライブ中の話が面白くない、、どうすればいい?

女の子を退屈させてはいけない、

それはわかっているけれど。。

 

なかなか話を切り出したり、

面白い話ってできないもの。

 

でも話題って、

作るものじゃなくて、

そこにあるものなんです。

 

モテる男がデートで、

女の子との話題が尽きない理由

をお教えします。

 

たとえば、

ドライブデートって

車をただの移動手段にしては

いけないんです。

 

ただの移動手段にするには、

もったいなさすぎる。

 

モテる男は

女の子とデートする時、まず、

 

その時間を

どんな時間にしようか

と考えます。

 

楽しい時間を過ごしてもらうために、

コンセプトメイク

するんです。

 

たとえば、

初めてのドライブデートでは、

 

女の子が、

はらはら、ドキドキ、わくわく、、

 

するような、

ドライブデートにしたいなーって

考えたとしましょう。

 

たとえば、

吊り橋効果

ってあるじゃないですか。

 

あれって、

足元の危ない吊橋だから

効果があるのであって、

 

歩道橋みたいな

ガッチリとした橋では

意味がないわけです。

 

吊橋が、

女の子の感情を揺さぶるんです。

 

ドライブって、

 

すっと何事もなく

目的地に着いてしまっては、

なんの面白みもない。

 

ストーリーがないんです。

 

ドライブって、

一緒に同じ車に乗って

同じ目的地を目指すんですよ。

 

一種の協力プレイじゃないですか。

 

そこで女の子の感情を

揺さぶってあげれば良い。

 

僕なら、

 

意図的に、

「一緒に同じ目的地を目指して

協力し合う仲間」

感をめっちゃ押し出しますね。笑

 

協力プレイで目的地を目指すんです。

 

一緒に車を運転しているような、

そういう役割を女の子に与えます。

 

一緒に、

目的地にたどり着くまでの不安や、

はらはらドキドキ

を共有する。

 

はっきり言って、

1から10まで手取り足取り、

目的地にさらっとたどり着くような

スマートさはいらない。

 

目的地にたどり着くまでを

一緒にエンジョイしちゃうんです。

 

ちょっと遠出して、

海とか山とかイチゴ狩りに

連れて行って、

 

道が分からなければ、

そこら辺にいるおっちゃんに

聞けばいい。

 

道に迷ったら、

1人で解決しようとしないで、

 

隣の女の子に、

グーグルマップ

調べてもらえば良いんです。

 

一緒にゴールを目指している

一体感で、

女の子との距離が

めっちゃ縮まりますよ。

 

当然、女の子によって

「楽しい!」

と思ってもらえるように

程度は変えますが、

 

ノリのいい子と

そんなドライブデートをすると、

めっちゃ楽しいですね。

 

反対に、

「さっさと

目的地まで連れってってほしい」

という女の子からは

顕著に嫌われますw

 

デートにスマートさを

求めるタイプの

女の子ですね。

 

そういう子には

レストランを予約していないと、

「はぁ?」

って顔をされます。笑

(東京に多いタイプです。)

 

んー、なんというか、

 

こういう女の子は

あとあと面倒くさくなる

ことが多いです。笑

 

仮面をつけて接しないと

いけない分、

長期的な関係を築きにくい。

 

僕は、

途中を楽しめる女の子

とだけ仲良くしたいので、

 

そういう子とは

そっと距離を置くことに

しています。笑

 

 

、、、さて。

 

めっちゃ話題がそれましたが、

 

僕がドライブデートで

話題が尽きない理由、

わかりましたでしょうか?

 

協力プレイをすることで、

 

自分も女の子も、

「目的地に着くには

どうすればいいか」

という、

 

同じことを考えている状況

が生まれます。

 

同じことを考えている

ときの一体感はハンパなくて、

 

問題解決のための情報交換

という話題が尽きません。笑

 

一緒に役割分担して、

同じ目標のために努力する。

 

同じチームで、

「お仕事」

しているかんじです。

 

チームプレイって、

めちゃくちゃ距離が縮まるんです。

 

女の子も自分も楽しめるように、

時間をコンセプトメイクする。

 

おすすめですよ。

4.そもそも、デート先の選択が間違っているのかも、、

女の子とデート!となった時、

「どこでデートしようか?」

と悩む方も多いと思います。

 

僕もよく、

「どこに連れて行ってあげたら、

この子は喜ぶんかなあ、、」

と悩んでしまいます。

 

どこに連れて行けば女の子に刺さるのか、、

 

当然、女の子によって好みが異なるので、

「ここに連れて行けばOK!」

というスポットはありません。

(同じ女の子でも、

その日の気分によって

好みが変わりますし笑)

 

ただ、モテる男は

事前に多くのデートスポットを

押さえています。

 

一般の男とモテる男では、

明らかに提案の幅が違うんです。

 

普段から、

「ここに女の子を連れてきたら

どんな反応をするんだろうか?」

と考えているだけはある。

 

こいつ、モテてるな

という男は影で努力しているんですよ。

 

髪を染めるのも、

髪型をキメるのも、

おしゃれな服をそろえるのも、

 

金と時間と、

相応の経験が必要ですよね。

 

同じように、

デートスポットを押さえるのにも

相応の努力をしているんです。

 

この提案の幅の広さがポイントで、

事前に電話やラインの会話のなかで『温泉』『イチゴ狩り』『夜景』『ディズニー』『USJ』といった単語を出して、女の子の反応を見てから、デート場所を提案しているんですよね。

 

数を打っていれば、女の子のこころがグラリと揺れるような、そんなデートスポットが見つかるわけです。

 

絶対に女の子が喜ぶようなデートスポットってないんですよ。

 

当たり前の話ですが、ね。

 

なので、いくつかのスポットを「事前の会話の中で出す」ことで女の子の好みを探って、ドライブデートの行き先として提案してしまえばいいんです。

 

「え、そこ行ってみたい!」

「え、そこってどこにあるの?」

「めっちゃいいとこじゃん!」

「〇〇してみたい!」

と女の子が言った場所を、デートスポットとして提案するだけ。

 

女の子の好みに合わせて選んであげる

というのに全力を尽くせば、100%成功します。

 

なので、

「特別に素晴らしいデートスポット」は知らなくても大丈夫

なんですよね。

 

事前に電話やラインの会話のなかで『温泉』『イチゴ狩り』『夜景』『ディズニー』『USJ』といった単語を出す

女の子の反応を見る

反応のよかった場所をデート場所として提案する

これで、デート場所の選択は間違いないです。

 

なので、

特別な場所ではなく、まずは知っているデートスポットの種類を増やしてください。

 

ネットで調べればいくらでも出てきます。

 

オススメするとすれば、果物狩りは絶対と言っていいほど、喜ばれますね。

(イチゴ狩りに行ってきました!女の子とワイワイはしゃいで、帰りは車で美味しい焼肉屋さんへ。くだものが嫌いな女性はいないですね)

 

あとは、別に1回目のデートと同じように、

待ち合わせ

カフェで1時間ほど話す

(アイスブレイクです。たしかに2回目のデートですが、それでもまだ2回目。何事もなく見えても、女の子は少し緊張してます。それをゆっくりと解いてしまいましょう。前回のデートの話なんかしてもいいですね。)

ご飯に行く

(お店までの移動中もポイントです。次のお店への期待感が高まるような話をしたり、カフェで盛り上がった話をもう一度したり・・・。カフェの時とは場面が切り替わるので、カフェで一度落ち着いた「女の子のドキドキ」もまた高まってます。)

解散

でも全然大丈夫です。

 

2回目のデートなら

どこか特別なデート先を提案するよりも、

 

ただ、このカフェと夕飯のお店を、

女の子の好みに合わせて選んであげる

ほうが100倍モテるんですよ。

 

女の子もまだ、

「相手のことをもっと知りたい」と思っているので、

丁寧に時間を重ねていくのもよしです。

 

2回目のデートでもまた、

知っているカフェと夕飯のお店から、

女の子に好みにあったお店を選んであげる。

 

焼肉、寿司、定食屋、居酒屋、・・・

あたりが定番ですね。

 

デート前に電話だったり、ラインで直接聞いてあげると良いです。

 

「ガッツリ焼肉に行くか、良いお寿司屋さんかだったら、どっちが好き?」とか、

「おいしい定食屋さん知ってるんだけど、焼肉と定食だったらどっちが好き?笑」とか。

 

静かなバーで飲むのが好きなのか、ガヤガヤした大衆居酒屋で飲む方が落ち着くのか。

ちょっとお高いレストランで食事しないと満足しないのか、おいしい定食屋さんで魚をつつきながら楽しくお喋りしたいのか。

 

女の子の好みはどこにあるのか、事前の会話の中で情報蒐集しておくんです。

 

カフェについては、、

ホテルのおしゃれなラウンジにあるカフェがいいのか、街中のちょっとしゃれた、「ソファ席」「広々とした空間」があるカフェがいいのか、手っ取り早くスタバでスタートした方が落ち着くのか。

 

これは直接聞いてもいいですが、会話の中で察してあげられるといいですね。

 

ちょっと電車では行きづらい、街の中心から離れたところを探してあげてもいいかもしれません。

 

雰囲気のいい、料理の美味しいカフェが郊外にあるのって珍しくないので。

https://www.instagram.com/p/Bn0yLStlQOT/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

雲海の上にある、美しいカフェ。

https://www.instagram.com/p/BqYt3bvFCOR/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

沖縄!!

https://www.instagram.com/p/B0z7tTfnOIK/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

こういうソファ席は、いい感じ!タピオカ誘ってもいいですね。

https://www.instagram.com/p/B0F-85SlVmD/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

非日常がかんじられるカフェは、わりと周りにありますよ。

 

 

 

===

先の見えない、光の見えない人生へのアンチテーゼ。

『女性に求められない、その人生の苦しみからの解放。』

僕にとって、恋愛は「性欲を満たすもの」ではありませんでした。

相手は人間ですよ、生身の人間。

過去の僕は、複雑でどうしようもないリアルな女の子を、

「思い通りに動かそう」なんて、

そんなファンタジーのようなことを考えてました。

ハウメニー?どれくらいの代償がいる?

手放したくないもんはどれ?

貴方はなにが欲しいですか?なにを手放しますか?