どうも、遊助です。

 

筋肉あると、マジでモテます。

 

マジで。

 

僕は元々、ガリガリの細身体型で、

小学生の時とか50メートル走で「学年で」ビリをとるくらい、運動ができなかったんですけど、、

筋トレしたらめっちゃモテるようになったんです。

 

女の子の方から、

「ちょっと触ってもいい?」って言ってくるんですね。

腕とか胸とか、ボディータッチをよくされます。

 

あと、

「遊助くんって、めっちゃスポーツできそう!」ってよく言われますw

 

今でも走らせたら、めっちゃヘンテコな走り方なんですが、、笑

 

そのくらい、筋トレって、

人の印象に変化を与えるものなんです。

 

それも、

基本的にポジティブな印象しかないですよ笑

筋トレを始めてから、女の子が蜜に集まるように寄ってきて困っております笑

 

で、僕が筋トレを始めたのって、

ただモテるからじゃないんですよ。

 

「モテが永遠に持続するから」なんです。

 

筋トレで身体を鍛えておけば、

女の子に生涯モテ続けることができるんですね。

 

なぜなら、

筋トレの「辛さ」が、希少価値を生んでいる

から。

 

これに気づいた時は、正直ビビりましたw

 

あの、言うまでもないですけど、

筋トレって続かないんです。

 

ほんまに、続かない。

 

トレーニングの辛さもそうですが、

 

本気でやろうとすると、

1回で1時間とか普通にかかるし、

 

ジムに行くにしても、

家で器具を揃えてやるにしても、

 

交通費やジム、器具代がかかってくる。

 

お金と時間と労力が、そこそこ必要な活動なんですよね。

 

でも、

この負担のデカさが、筋肉に希少価値を生んでいるんです。

わかります?

 

筋肉が高確率で女の子を食いつかせてしまうことを、「みんな」薄々わかっているのに、

この負担のおかげで、「みんな」筋トレしないんです。

 

めっちゃ効果が高いのに、誰もやりたがらない。続かない。

 

それが筋トレなんです。

 

だから、

筋トレをしている、ごく一部の男たちが「筋肉が好きな女の子」をかっさらっている状況がある。

 

女の子が「筋肉がある男性がいいな」と思っていても、

そういう男はほとんどいないんですよね。

だから、筋肉をつけた途端に、モテ始めるわけです。

女子校の男性教師がモテたり、

料理教室に参加した男がモテたり、

看護学校に入学した男子が突然モテたりするのと同じように、

少数派の男ってモテるんですよね。

 

筋トレって、「女の子が好みの形」で他の男と差別化できてしまう。

 

たとえば、

あなたが争っているレベルの男たちって、

筋トレすれば一気に抜き去ることができるんですよ?

 

実際に、

服装とかトークとかで差別化を図るよりも、筋トレをして筋肉をつけた方が女の子が食いつきやすいんですよね。

 

なぜなら、

筋肉って女の子からめっちゃ需要があるにも関わらず、少数派だから。

女の子の求めているところに、ぐさっと刺さるのが筋肉なんです。

 

だから、

めっちゃ価値が高いんですよね。

 

もちろん、筋肉をつけて、写真を撮ったら、

女の子とのマッチング率が急激に上がりましたw

 

服に隠れて見えづらいと思ったんですが、

女の子ってよく見てますよねw

 

P.S.

とあるカラオケの1室。

、、、、、

、、、、、、、

、、、、、、、、

21歳女子「筋肉すごいね!」

遊助「ほら、おっぱいBカップあるねん」

21歳女子「やばww」

遊助「目標Hカップやねん、足りんわw」

21歳女子「ww」

遊助「触ってみて、アドバイスして」
 

21歳女子「えーw」

(と言いながらがっつり揉んでくる)

21歳女子「・・・・・・・。」

遊助「なんか言えやw」

21歳女子「えw」

遊助「アドバイスある?」

21歳女子「ないわww」

、、、、、、

、、、

 

甘えた声で、脚を絡ませ、密着してくる彼女、、、

 

「ん、んんっ、ダメ、声出ちゃうから、、あ、ああ、、」

(in カラオケルーム)

 

 

 

===